どうして水が嫌いなの?猫の習性に関係あり!

ネコ ねこ 猫 キャット CAT 痙攣

 

猫の「どうして?」「なんで?」は多くの場合その習性や遺伝が関係しています。

 

猫は水嫌い、お風呂嫌いですがそれも遺伝や習性のせいだと考えられます。

 

まず第1に考えられるのが、砂漠地帯に住んでいた猫の祖先であるリビアヤマネコからの遺伝です。
砂漠と言えばすごく暑いイメージばかりがありますが、実は寒暖差が激しく夜になるとかなり冷え込みます。
当時の猫たちは昼間のうちに濡れてしまってそのまま夜を迎えると、風邪をひいたり体を壊してしまうのはもちろんのこと、凍死しまうような危険性もあったのです。
それを恐怖ととらえる遺伝子がいまだに飼い猫にも残っているのではないかと考えられます。

 

そして第2に、先祖であるリビアヤマネコが砂漠地帯に住んでいたためあまり水場がなく水の中に入るような状況になりにくい、雨が降らないので体が濡れるようなことがない、これら水に慣れていない遺伝子も今の飼い猫たちに組み込まれているのでしょう。

 

とは言え、現代社会の猫たちは人間文化にかなり馴染んできてくれています。

 

猫をお風呂に慣れさしたいなら、子猫のうちからお風呂に入れてお風呂を当たり前のものにするのが一番良い方法だと言えるでしょう。
ただ、猫はあまり洗う必要のない生き物です。
乾燥肌なので脂質性肌の犬のように臭くなってしまうこともありませんし、そもそも濡れてしまったら水をはじく体質ではありません。

 

犬の場合は脂質性肌なので濡れても水をはじいてタオルで拭くだけで体は乾きますが、猫の場合タオルで拭くくらいでは風邪の恐れがあります。

 

猫をお風呂に入れた場合は、ドライヤーで毛の根元までしっかりと乾かしてあげるようにしましょう。
猫にとってお風呂も嫌ですが、ドライヤーの風や音もすごくストレスになるため、そんなに頻繁にお風呂に入れないほうがよいでしょう。

 

しかも猫の種類によっては、シャンプーによって皮膚の皮脂が取れ過ぎてしまうと体調を崩してしまうことがあります。

 

健康で長生きのためには、あまり猫の風呂に固執しない方が良いです。

 

まれにもともとお風呂が大好きで飼い主さんと一緒に入浴するような猫もいるようですが、大体の猫がお風呂場までついてきても浴槽には入らず洗面所とかで待っていますよね?

 

水嫌いは猫の習性なので、すでにお風呂嫌いで完成してしまっている成猫さんを無理に入浴させるようなことはしないように!
風邪は万病のもとですし、加えてストレスが健康を害してしまう恐れもありますよ。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加