飼い猫に、健康で長生きして欲しい。それはすべての飼い主のお願いです。

 

しかしそんな飼い主の願いと反し、猫の病気は発見が遅れてしまうことが多いですよね。
というのも、猫は大変我慢強く多少しんどいくらいではあまりそれを見せないのです。

 

なので、「何だか猫がしんどそう!」と飼い主が気づく頃には、かなり病状が悪化しているということが多いのです。

 

 

猫の病気で代表的なのは、腎臓病ではないでしょうか。
死因第1位が、腎不全です。
腎臓は一度悪くなってしまうとその部分は二度と回復しないので、気をつけなければなりません。
腎臓が多少悪いくらいでは猫は平気な顔をしているので、気づいた頃には慢性腎不全の末期になっているようなケースも少なくありません。
そうなると、健康を取り戻すのは難しいですし、長生きさせてあげるのも困難なこととなってしまいます。
猫は老化するとかなりの確率で腎臓が悪くなってしまいます。腎臓が悪くなると定期的な点滴に加え、サプリメントが有効です。
また、腎臓に優しい食材で作られているキャットフードも与える必要があるでしょう。

 

そんな猫の死因第2位は、ガンです。
人間と同じように皮膚のガンや内臓のガンなどあらゆる種類のガンがあります。
悪性腫瘍が見付かると外科手術や抗ガン剤などしんどい治療となりますし、予後が悪いことも多いです。
普段から免疫サプリメントなどで免疫力アップしてガン予防するのがおすすめです。
人間でも、免疫力アップサプリメントでガン予防している人は多いですよね。
私もその一人です。人間社会で当然のことは、猫社会でも実施してあげるべきです。それが、健康と長生きに繋がるのです。

 

猫の死因第3位は、伝染性腹膜炎です。
これはほとんどの猫が保有していると言われるコロナウイルスが突然変異を起こし発症してしまう病気です。
突然変異を起こしてしまう確率は10%以下だと言われていますが、一度発症してしまうと致死率が非常に高く短期間で命を落としてしまう恐ろしい病気です。どうしてコロナウイルスが突然変異を起こしてしまうのかは分からないのですが、免疫力が低下した時に発症してしまう病気です。
猫白血病と併発したり、ストレスで発症したり、様々なケースがありますが普段から免疫サプリメントを与えるなどして予防するくらいしか手の打ちようがありません。

 

ネコ助はこの第三位まで全て経験しています。今だに思い出すと悲しくなります。
そしてああしていたら、こうしていたらと今も後悔して引きずっています。

 

免疫サプリはあらゆる病気を予防します。


免疫力をアップするものは免疫サプリに限らず、キャットフードでも可能です。
免疫サプリと質の良いキャットフードを合わせて上げるというのはより効果的でしょう。

 

そして健康で長生きさせたい、その願いを考えるためには定期的な健康診断も忘れずに行いましょう。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

↑トップページへ